お年寄りは病気がち 1

 

あなたは、年々自分の体の異変に気付いていますか?

 

人間、年を重ねると、あちらこちらに不具合が出てくつものです。

 

40歳を超えた頃から、何か病気を持っていたり、誰しも痛いところのひとつやふたつは必ずあったりしませんか?
私も,40歳を境目に、あまり無理のきかない体になったことを実感しているのです。

 

急に老眼が進んだ友達もいれば、ずっと腰痛で悩んでいる友達もいます。

 

ひざやひじが痛くなったり、間接も弱くなっているのうですね。

 

私も40過ぎると、急にあちらこちらにガタが来ることを、身を持って実感している1人なのです。

 

まだ、中年である私でさえも、そんな状態なのですから、お年寄りになればなるほど大変になるのは当たり前ですよね。

 

お年よりは、病気にかかり易くなったり、回復が遅くなったりする傾向があるのです。

 

健康で長生きすることは、簡単なようでも、実際にはとても難しいのでしょう。

 

それでは、一般的にお年寄りを高齢者と呼んでいますが、この「高齢者」と呼ばれている人は、何歳からでしょうか?
それは、65歳以上のお年寄りを高齢者と呼んでいるのです。

 

65歳といえば、まだまだ元気な方もいるので、高齢者と呼ばれることに、かなり抵抗がある方も中にはいるのでしょう。

 

お年寄りでも、元気な方もいる一方で、ほとんどのお年寄りはやはり、体の機能が衰えてきているのです。

 

例えば、筋肉が落ちたり、肺などの呼吸器が弱まったり、腎機能免疫力が下がったりするのです。

 

知的面では、どうなのでしょう?
痴呆になったり、物忘れがひどくなり、精神的にうつになったりと、内面の問題も徐々に出てきますよね。