お年寄りがかかる病気・症状ガイドTOP > 脳の働きに関する病気 > お年寄りの病気「脳卒中」の場合B

お年寄りの病気「脳卒中」の場合Bについて

 

あなたは、70才以上のお年寄りと同居していますか?

 

70才以上のお年寄りになれば、一般的に心原性脳塞栓症と言う病気になる頻度がとても高くなると言われます。

 

これらの原因は、不整脈の心房細動であって、これはお年寄りにはとても見られる症状なのです。

 

心臓の中に出来た血栓が飛んで、それが怖いことに脳血管を閉塞するのです。

 

そして、その結果、大梗塞が起きてしまう訳です。

 

では、お年寄りが脳卒中になったら、どんな症状が現れるのでしょう。

 

お年寄りと一緒に住んでいる方は、これはよく覚えておいたほうが良いですよ。

 

脳卒中になったからと言って、必ずみんなが倒れるわけではないのです。

 

軽いものだと、普段の生活を送りながらでも、症状が出始めているのです。

 

他の病気と同様で、脳卒中も早期発見が非常に大切なのです。

 

脳卒中は、お年寄りが起こした場合には、意識障害になることがあるのです。

 

意欲がなくなって、自分で思うように体を動かせなくなるのです。

 

また、認知機能が衰えることもあるのです。

 

ですが、一般に意識障害は、発熱や脱水症状でもなることがあるので、それが脳卒中かどうかは、きちんと判断されなくてはいけません。

 

そもそも、お年寄りが脳卒中になった場合の一般的な発症の様子は、どんな症状なのでしょうか。

 

脳出血の場合には、頭痛や片麻痺、それに言語障害が起こるのです。

 

それが意識障害で始まり、発症後の数時間で、症状は完成してしまうのです。

 

脳梗塞の中で、もっとも多いラクナ梗塞は、だんだんと片麻痺や言語障害が、起こってきます。

 

ですが、症状はわりと軽く、意識障害もない場合が多いのだそうです。

 

お年寄りの病気の基礎知識記事一覧

お年寄りの病気「脳卒中」の場合@

みなさんは、「脳卒中」について、何をご存知ですか?「脳卒中」は、お年寄りのなりやすい病気の1つですよね。脳卒中は、高齢者に非常に多い病気で「加齢病」とも言われている...

お年寄りの病気「脳卒中」の場合A

みなさんは、「脳卒中」と聞いてどのような事を思い浮かべますか?なんと言っても脳卒中は、お年寄りに発生率が高い病気の一つですね。私の親戚のおじいさんも、脳卒中で倒れ、...

お年寄りの病気「脳卒中」の場合B

あなたは、70才以上のお年寄りと同居していますか?70才以上のお年寄りになれば、一般的に心原性脳塞栓症と言う病気になる頻度がとても高くなると言われます。これらの原因...

お年寄りの病気「脳卒中」の場合C

お年寄りと一緒に住んでいるあなた、病気の症状についてご存知ですか?次に、アテローム血栓性梗塞と言う病気では、ほかの脳梗塞と比較して、急に発症するのです。そして、段階...

心筋梗塞にならないためにすることは? そのA

あなたは、自分の健康管理について、どのように思っていますか?タバコを吸うことは、血圧の上昇に繋がってきますよね。血圧が上がれば、高血圧の人と、一緒の状態になります。...

お年寄りの病気「脳卒中」の場合D

お年寄りと一緒に住んでいるあなた、お年寄りが脳卒中で倒れた場合にどうしますか?では、お年寄りが脳卒中で倒れた場合、その後どれくらいで回復するのでしょうか。それは、そ...