お年寄りがかかる病気・症状ガイドTOP > 心臓に関する病気 > お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合B

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合Bについて

 

あなたは、「心筋梗塞」という病気について、何をご存知ですか?

 

お年寄りにとても多い心筋梗塞ですが、この原因になると言われている、血管の中の血栓は、動脈硬化によって出来ます。

 

動脈硬化と言う病気は、みなさん、ご存知のことでしょう。

 

お年寄りでなくても、動脈硬化は生活習慣病により起こる病気で、若い人でも動脈硬化になる人はいますよね。

 

では、どんな経緯で、動脈硬化は起こるのでしょうか?
血管の中が狭くなる場合もあり、これは血管の内側に脂肪が付着して、血液の通る道が狭くなるためです。

 

血液が流れにくくなると、いったい何が起きるでしょうか?
流れにくくなった血液がつまって、固まり血栓が出来てしまいます。

 

ですから、動脈硬化は、簡単に言えば、血液の中に存在するコレステロールが、血管の中の壁に付着し、血液が流れづらくなった病気なのです。

 

この付着したコレステロールをプラークと呼んでいます。

 

初めは、小さかったプラークも、急成長はしませんが、次第にゆっくりと大きくなっていきます。

 

そして、大きくなったプラークは、血管を塞いでいきます。

 

また、プラークの表面は、皮膜で覆われているのですが、その皮膜が破れ、プラークの中のものが、血管に入ります。

 

その中身が、血液を固まらせ、血栓となるのです。

 

血栓が血管を塞いで、血液が流れなくなってしまうのですね。

 

この現象が、動脈硬化であって、これが心筋梗塞を引き起こす要因と言われているのです。

 

血液中のコレステロールが引き起こす病気が、動脈硬化なので、現在、高脂血症を患っている方は、特に要注意になります。

 

お年寄りの病気の基礎知識記事一覧

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合@

あなたは、「心筋梗塞」についてどのように感じていますか?たくさんのお年寄りが、気をつけなければならない病気の中に「心筋梗塞」がありますよね。日本人の死亡原因は、何と...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合A

あなたが一緒に暮らしているお年寄りは、大丈夫ですか?心筋梗塞のある場合では、ほとんど心筋梗塞の症状がなく、心電図の検査をしたら、結果から心筋梗塞だと言われるときもあります。...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合B

あなたは、「心筋梗塞」という病気について、何をご存知ですか?お年寄りにとても多い心筋梗塞ですが、この原因になると言われている、血管の中の血栓は、動脈硬化によって出来ます。 ...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合C

みなさんは、「心筋梗塞」と聞いて何を思い浮かべますか?このプラークが原因で、心臓の血管である大切な冠動脈の中が、血栓でふさがれてしまったら、心筋梗塞です。血液が流れ...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合D

あなたが一緒に暮らしているお年寄りは、「心筋梗塞」になっていませんか?お年寄りの方が心配している病気はも、いろいろとありますが、心不全になることを心配している方も非常に多い...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合E

あなたの周りに「心筋梗塞」になった人はいませんか?心筋梗塞になったらどうしようと、痛みについて心配しているお年寄りもきっと多いのでしょうね。経験者によれば、相当痛い...

心筋梗塞にならないためにすることは? その@

みなさんは、心筋梗塞にならないためにすることはあると思いますか?お年寄りは余計心配でしょうが、中年の人にとっても、心筋梗塞はとても心配な病気の一つですよね。働き盛り...