お年寄りがかかる病気・症状ガイドTOP > 心臓に関する病気 > お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合D

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合Dについて

 

あなたが一緒に暮らしているお年寄りは、「心筋梗塞」になっていませんか?

 

お年寄りの方が心配している病気はも、いろいろとありますが、心不全になることを心配している方も非常に多いと思うのです。

 

では、心不全はどういう病気なのでしょう?わかりますか?
それは、心臓から動脈へと、血液を流せなくなる状態のことで、心臓が弱っている証拠なのです。

 

これは心臓の末期的な状態と言われていて、命にまで関わるほど危険なのです。

 

お年寄りにとって、心筋梗塞はとても心配な病気であることはおわかりになったことでしょう。

 

しかし、狭心症から併発する事もあります。

 

では、狭心症とはいったいどんな病気でしょう?
心筋梗塞と同様に胸に痛みが走る症状が出るのです。

 

心筋梗塞とは違い、血管がすべて塞がっておらず、血液が少しは血管に流れている状態なのです。

 

血管は狭くなってはいるものの、血流が悪い程度のことを言っているのです。

 

ですから、狭心症は、血流はありますので、ある程度の酸素と栄養が細胞には送られている状態です。

 

それにより、心筋の細胞が死滅するわけではないのです。

 

よって、狭心症の発症から、早期治療すれば、回復することが多い訳なのです。

 

そうかと言って、心筋梗塞の状態が長ければ、その分、心筋の細胞が死んでしまうようになります。

 

それにより、他の病気を併発してきますので、充分に気をつけて下さいね。

 

心筋梗塞は、みなさんがテレビや映画で見たことがあるように、胸にとてもひどい痛みを感じるのです。

 

それは、刺されたような激痛があるのだそうですよ。

 

それが、突然、出てくるのです。

 

30分から数時間も、胸の痛みが続くこともあるのだそうですよ。

 

一般に、狭心症よりも心筋梗塞のほうが、長く痛みが続くのです。

 

胸の痛みが、10分以上続くようだったら、心筋梗塞の疑いがあるので、すぐに病院に行くことをお勧めしますよ。

 

お年寄りの病気の基礎知識記事一覧

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合@

あなたは、「心筋梗塞」についてどのように感じていますか?たくさんのお年寄りが、気をつけなければならない病気の中に「心筋梗塞」がありますよね。日本人の死亡原因は、何と...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合A

あなたが一緒に暮らしているお年寄りは、大丈夫ですか?心筋梗塞のある場合では、ほとんど心筋梗塞の症状がなく、心電図の検査をしたら、結果から心筋梗塞だと言われるときもあります。...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合B

あなたは、「心筋梗塞」という病気について、何をご存知ですか?お年寄りにとても多い心筋梗塞ですが、この原因になると言われている、血管の中の血栓は、動脈硬化によって出来ます。 ...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合C

みなさんは、「心筋梗塞」と聞いて何を思い浮かべますか?このプラークが原因で、心臓の血管である大切な冠動脈の中が、血栓でふさがれてしまったら、心筋梗塞です。血液が流れ...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合D

あなたが一緒に暮らしているお年寄りは、「心筋梗塞」になっていませんか?お年寄りの方が心配している病気はも、いろいろとありますが、心不全になることを心配している方も非常に多い...

お年寄りの病気「心筋梗塞」の場合E

あなたの周りに「心筋梗塞」になった人はいませんか?心筋梗塞になったらどうしようと、痛みについて心配しているお年寄りもきっと多いのでしょうね。経験者によれば、相当痛い...

心筋梗塞にならないためにすることは? その@

みなさんは、心筋梗塞にならないためにすることはあると思いますか?お年寄りは余計心配でしょうが、中年の人にとっても、心筋梗塞はとても心配な病気の一つですよね。働き盛り...