お年寄りがかかる病気・症状ガイドTOP > 認知症について > お年寄りの病気の「老人性痴呆症」C

お年寄りの病気の「老人性痴呆症」Cについて

 

みなさんは、「老人性痴呆症」とはどんな状態まで進行するものだと思いますか?

 

年寄りがなりやすいアルツハイマー型痴呆は、更に進行すれば、1人で服を着ることも出来なくなるのです。

 

そして、トイレに行けなくなったり、手助けや介護が必要にもなります。

 

やがて、尿失するようになって、トイレに行きたいことも、わからなくなるのです。

 

言葉も出なくなって、歩かなくなり、ついに寝たきりなのです。

 

では、お年寄りがこんなアルツハイマー型痴呆になった場合、どのような処置が必要になるのでしょう?
この病気は、少しずつ進行するので応急処置などは、特に必要ないのです。

 

家族の助けがいるようなら、手伝ってあげましょう。

 

ただし、何でもやってあげるのではなくて、なるべく自分自身でやらせるサポートが必要です。

 

では、お年寄りの痴呆、老人性痴呆症の脳血管性痴呆とは、いったいどのような病気なのでしょう?
これは、アルツハイマー型痴呆症がその原因がわかっていない事とは反対に、脳血管性痴呆は理由がわかっているのです。

 

脳血管障害により、痴呆が発症した病気だからですね。

 

実は、日本では、お年寄りに最も多い痴呆なのですよ。

 

この場合、脳血管性痴呆になった人の脳の中で、具体的に何が起こっているのでしょう?
脳の血管の中で、血液の流れが詰まったり、血管が破れたりすることによって、血液が脳の隅々に行き届かなくなるのです。

 

そうして、脳は酸素が不足して、栄養も不足している状態になるのです。

 

そうなれば脳細胞は機能低下してしまいますよね。

 

血液の流れが悪くなって、脳細胞が死滅することは脳梗塞と同じ、脳出血になります。

 

ですから、脳血管障害の起きた部分により、脳卒中によって、痴呆になることがあるのです。

 

お年寄りの病気の基礎知識記事一覧

お年寄りの病気の「老人性痴呆症」@

みなさんは、「老人性痴呆症」について何を知っていますか?お年寄りになればボケると良く言いますが、一般にお年よりは、物忘れをし易いのですね。ちょっとしたことでしたら、...

お年寄りの病気の「老人性痴呆症」A

あなたは、「老人性痴呆症」と聞いてどのようなイメージがありますか?では、お年寄りの痴呆症で、アルツハイマー型痴呆と言う病気とは、いったいどのようなものなのでしょうか?原...

お年寄りの病気の「老人性痴呆症」B

みなさんは、お年寄りに見られるボケがアルツハイマー型痴呆であるかどうかの見極め方を知っていますか?この後、アルツハイマー型痴呆の場合、記憶障害が、どんどん進行してくるのです...

お年寄りの病気の「老人性痴呆症」C

みなさんは、「老人性痴呆症」とはどんな状態まで進行するものだと思いますか?年寄りがなりやすいアルツハイマー型痴呆は、更に進行すれば、1人で服を着ることも出来なくなるのです。...

お年寄りの病気の「老人性痴呆症」D

あなたは、「脳血管性痴呆」についてどのようなことを知っていますか?脳血管性痴呆とは、年寄りの病気で、老人性痴呆症の一種になります。この痴呆の始まりは、脳血管障害の後...